作者別: admin

独りよがりは危険

借地権を所有することで、地主から土地を借りて家を建てたものの、転居する必要が出来たり、遺産相続で借地権を所有することになった方の中には、手元の建物を売却して、転居資金などに充てたり、使わない建物を売ってお金にしたいという方も大勢います。ここで独断で売却に向けて行動すると、非常に大変な事態に陥るので、そうなる前に借地権売却に関する専門知識がある企業や法律家に必ず相談するようにしましょう。

借地権を売却する際、専門家に予め相談しておくと、より円滑に売却が進められるようサポートしてくれます。特に地主との交渉サポートは非常に重要で、借地権は土地の使用にもかかわるため、地主が許可しない限りは売却は行えません。更に地主と借地権所有者との人間関係にもかかわるので、お金や物だけではなく、人間関係を守るためにも、専門家のサポートを利用し、お互いが落ち着いて納得いく答えを出せるような交渉の場を作りましょう。

不動産にまつわる取引の多くは、独りよがりな行動が一番危険です。自分だけよければという考えで動くことで、準備の途中で地主から売却の許可が下りなくなったり、中々買い手が見つからず、結局財産を死蔵するような状況に陥るというケースも珍しくありません。法律事務所や不動産会社など、借地権にまつわるサポートを行っている事務所や企業はたくさんあるので、出来る限り多くの専門家に話を伺い、どうすれば交渉を上手く進められるか考えてみてください。

相談が重要

借地権の売却には相談が何より重要です。まず借地権を売却できること自体知らないという方も多い中で、適正価格での売却が出来るとは思えません。更に借地権は土地の使用権にもかかわるので、地主の許可を得られるかで、売却できるかどうかも変わります。円滑に売却を行うためにも、必ず専門家のサポートを受けるようにしましょう。必要な準備についてはもちろん、交渉後の手続きなどについても相談に乗ってくれます。

借地権を売却するためには、とにかく多くの人と交渉を重ねることになります。まず地主に借地権の売却許可を求める必要がありますし、その後も購入希望者との価格交渉を行うことになるかもしれません。長期の話し合いに発展することも多い中で、確実に準備を進めるためにも、専門家に相談することは非常に大切です。借地権にまつわる情報を集め、交渉の際はお互いが納得する案を提案してくれます。

借地権についての相談は、交渉の準備はもちろん、買取価格を上げるための方法についても必要です。借地権で使えるようになる建物に魅力がなければ、どんな価格に設定しても買い手が現れないでしょう。例えば極端に建物が古かったり、周辺環境が暮らしにくかったりと、様々な理由で不動産の価値は下がるので、そうした要因について解説してもらい、改善案を導きだしましょう。

借地権売却の方法

他人の土地を借りて住居などを建てる場合、地主の許可を得た上で、借地権を取得できます。借地権があれば建物を自由に使うことが出来ますが、借地権は売却することが出来ます。個人や不動産会社など、借地権を買取りたいという人は大勢いるので、その気になれば想像以上に高値で売却することも出来るでしょう。とはいえ素人では難しい手続きなども多いので、まずは専門家に相談することを第一に考えましょう。

借地権は建物と同時に土地を使う権利も得ることが出来ます。そのため借地権の売却をするということは、土地の使用権も相手に譲ることになるので、土地を所有している地主の許可を得なければなりません。場合によっては交渉が難航するかもしれないので、専門家を間に挟むことで、お互いが納得できる結果を得られるよう、交渉をスムーズに進めやすくなります。地主と借地権の所有者同士の関係にひびが入らないよう、交渉には気を使うようにしてください。

借地権を売却するためには、高値で買い取ってくれる個人や企業を探す必要があります。借地権の売却をサポートしている不動産会社などでは、買い手を探すなどのサポートを行っています。場合によっては企業が買い取ることもあるので、ひとまず任せてみましょう。また交渉次第では、地主に買い取ってもらうこともあるようで、専門家のサポートにより、お互いが納得できる適正価格での取引を行えます。借地権の売却は気を付けなければならないことが多く、個人の力だけでは中々上手くいきません。専門家のサポートを受け、円滑な取引が出来るよう準備しましょう。